車で送迎、目的地でガイドヘルプ(埼玉県)

車で送迎、目的地でガイドヘルプ(埼玉県)

視覚障害1級の筆者は、車での送迎と、目的地でのガイドヘルプを連続して受けています。これは、埼玉県の独自事業と、国の事業を併用した先進的なサービスです。

埼玉県では、生活サポート事業のレスパイトサービスで一部自己負担の車での送迎を提供しています。国では同行援護事業で一部自己負担でのガイドヘルプ、代読、代筆サービスを行っています。サービス提供事業所が、この二つに対応している場合、車での送迎と目的地でのガイドヘルプを連続して受けることが可能になります。

私の住む市の場合、車の送迎の自己負担は、30分当たり、450円です。

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. テーマ集会「車両移送と移動保障」のご案内

    衣食住から交住食医といわれます。
    交は交通、医は医療機関の医ですね。
    さて、高齢化、障害の重複化の中で自力では外出のできない人の数が急速に増えています。
    そこで、福祉有償運送をはじめとする車両移送や移動保障事業について学ぶ集会にしていきたいと思います。

    主催 一般社団法人全日本視覚障害者協議会
    東京視覚障害者協会
    日時 2020年11月8日(日)午後、9日(月)午前・午後
    場所 東京都立障害者福祉会館
    宿泊 アパホテル三田駅前
    参加費 3千円(食費・宿泊費を除く)

    日程

    1日目 NPО法人全国移動支援サービスネットワーク・伊藤みどり事務局長
    各地からのレポート発表 福祉有償運送、デマンドタクシー、生活協同組合などでの
    車両移送など

    2日目
    同行援護など移動支援サービスについてのレポート発表
    体操や音楽・アトラクションなど

    お問合せ、ご意見は

    藤原 義朗(ハンドルネーム 北斗六星)

    〒780-0946 高知市上本宮町239-38
    電話 088-840-0834
    携帯 070ー3794ー2079
    メールアドレス sawakapapa@krd.biglobe.ne.jp

    まで、どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です